<オススメ> ウィーン冬期音楽講習会

国: オーストリア共和国 都市: ウィーン・ウィーン

ウィーンで教わる音楽が、ステキ。ウィーンで迎える新年が、ステキ。

クリスマスからニューイヤーに向けて、素敵にわき立つウィーンの街で、最高峰の名門ウィーン国立音楽大学の教授陣中心のピアノ、ヴァイオリン、フルート、ピッコロ、オーボエ、クラリネット、声楽、ピアノ伴奏の講習会が開かれます。

ウィーンに宿る芸術のスピリットに心を揺さぶられ、一流教授の指導を受けて、自分の音楽がひときわ深まっていく経験。他ではゼッタイできません。音楽史跡を巡る市内観光やパーティ、オプションの特別講座などを含めた、音楽的なウィーンの年末年始を楽しめる講習会にぜひ御参加ください。

<この講習会のポイント>
○ウィーン国立音楽大学教授陣中心の個人レッスン。
○ウィーンフィルやウィーン交響楽団団員などが指導。
○安心の全レッスン日本語通訳付き
○教授たちと楽しむ、ミニツアーやパーティも充実。
○受講者全員が出演できるウィーンでのコンサートに参加
○ウィーン国立音楽大学受験予定の方はには受験曲の選曲アドバイス
○教え方の勉強にもなる、音楽教師に役立つ特別レッスンとレクチャー(レクチャーはオプション)
○音大入試に役立つ筆記試験対策講座とドイツ語講座(オプション)
○年末年始のウィーンで本場一流楽団のコンサートを鑑賞(オプション)

ウィーンでは音楽が町中に溢れています。どこを歩いても、どこに迷い込んでも、音楽は常にそこにいます。モーツァルトやベートーヴェンをはじめとする偉大な音楽家たちが愛した都市で、あなたの技術や感性を磨く大チャンス!!美しく壮粛にたたずむ教会や建築物は、まるでタイムスリップしたかのように、その時代に生きていた音楽家たちの息づかいを感じさせることでしょう。クリスマスの雰囲気が残る年末年始に、超一流のウィーン国立音楽大学教授陣を中心とした講習が開催されます。レベルアップを基本に、受験対策や音楽講師のためのレクチャーなど、他の講習会ではなかなか教われないようなしっかりとしたカリキュラムが魅力です。

冬期講習会の教授陣も大変魅力。ピアノを担当するのは、ウィーン国立音楽大学&ドイツ・ハンスアイスラー音楽大学(ベルリン)で現役演奏科教授を務める実力派ピアニスト、シュテファン・アーノルド先生。今も演奏家として第一線で活躍されている先生のレッスンは、第一印象で受ける独特なオーラとは対照的に、時に冗談を交えながら的確なアドバイスや、演奏家としての姿勢も伝授してくださる、非常に人気の高い先生です。また、ピアノ・ピアノ伴奏を担当するのは、ウィーン私立音楽芸術大学教授カール・バート先生(現役演奏科教授)。優しく生徒の事を考えてくれる先生の学校のクラスの元には、日本人を含め多くの生徒が集まります。

声楽を担当するのは、ウィーン国立音楽大学元教授アデーレ・ハース先生。ウィーン国立歌劇場などでも活躍し、著名な功績がある歌手のみに与えられる「Kammersängerin(宮廷歌手)」の称号を国から授与された数少ない素晴らしい女性声楽教授です。上品で素晴らしい人柄で生徒からの信頼も大変厚い先生です。

ヴァイオリンを担当するのは、あのウィーンフィルやウィーン国立歌劇場で活躍し、ウィーン国立音楽大学教授も務めるゲラルド・ シューベルト先生。ウィーンフィル・ニューイヤーコンサートでも最前列で演奏する先生のレッスンは、オーケストラ奏者を目指す方には目から鱗。2007年12月には、ハインツ・フィッシャー大統領より職業称号として「教授」の称号を国より授与されました。オーケストラ奏者として活躍をご希望の方には特にお勧めです。

フルートを担当するのは、ニーダーエスターライヒ・トーンキュンストラー管弦楽団や・チューリッヒ歌劇場管弦楽団などでも活躍し、現在、ウィーン国立音楽大学およびヨーゼフ・ハイドン音楽院両校の教授を務めるギゼラ・マシャエキ=ベア先生(現役演奏科教授)。日本にもたびたび来日する優しい先生です。また、オペレッタやオペラで有名なウィーン・フォルクスオーパーに所属し、ウィーン国立音楽大学でも教鞭をとるレナーテ・リノルトナーがフルートとピッコロで参加します。非常に明るく優しい先生です(現役オーケストラ奏者&演奏科講師)。

オーボエを担当するのは、ウィーンフィル首席であり、ウィーン国立音大教授。まさしく、ウィーンを代表するオーボエ奏者と言えるオーボエの名手ハラルト・ヘルト先生から柔らかな音を学べます(現役オーケストラ奏者&演奏科教授)。

クラリネットの担当教授は、ウィーンフィル奏者またはウィーン国立音楽大学の先生を予定しています。近日公開予定です!

講習会期間中に、希望者全員によるクラスコンサートとファイナルコンサートが予定されています。
昨年のファイナルコンサートは、ウィーン市フロリズドルフ区博物館マウトナー小宮殿ホールで、ウィーン市フロリズドルフ区の正式イベントとして開催されました。ウィーンでのウィーン在住のお客様の反応などのコンサート経験をぜひご堪能ください。

レッスンだけでなく、ウィーンで過ごす年末年始も楽しみの一つ。年末年始のコンサートはもちろん、ウィーン旧市街全体がメガパーティーの会場となり、飲み物やスナック屋台が立ち並び、さまざまなストリート音楽やパフォーマンスなどがいっぱい。プラーターの大観覧車の下でもイベントが予定されたり、深夜12時になると、シュテファン大聖堂の鐘が鳴り響き、新年を告げ、広場では爆竹や花火を挙げて祝うなど、楽しみ方はいろいろです。市内の交通機関で使える8日間チケットを配布いたしますので、観光にも便利です。

☆お楽しみプランとして、シュテファン大聖堂からシューベルトが洗礼を受けた教会やモーツァルトやベートーベンなどの楽聖たちが眠る墓地、そしてウィーン国立音楽大学まで、なかなか自分だけでは行けない音楽的な穴場をご案内します。
☆ウィーンへの受験準備でご参加の方は、大切な受験曲の相談もアドバイスいたします。
☆冬期講習会と兼ねてアンドビジョン提携教授陣のレッスン受講も可能です。せっかく海外の講習会に行ったのなら、もう一週間延長して他の先生のレッスンを受講しておくのも可能です。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
■国/都市■
オーストリア共和国 / ウィーン・ウィーン

■講習会開催期間■

2020年12月27日(日)~2021年1月3日(日)
※上記スケジュールでご都合が悪い方は、お客様に合わせてスケジュールを調整することが可能な場合がありますのでお問い合わせください。
■講習会開催科目■
ピアノ、ヴァイオリン、フルート、ピッコロ、オーボエ、クラリネット、声楽、ピアノ伴奏
※上記以外の楽器をご希望の場合は、お問い合わせください。多くの楽器で対応可能です。
※伴奏は、プロの伴奏者が担当します。
※声楽や楽器でパートナーの方が必要な場合は、別途料金でお手配が可能です。
※ピアノ伴奏コースは、お客様のパートナーとご一緒にご参加いただくことが理想的です。
■レッスン回数■
プライベートレッスン4回(1回1時間)
※ピアノとフルートは、1名の教授から4レッスン、または、各教授から2回づつとなります(選択制)。ただし、先生のご都合などにより、各教授のレッスン回数が変わる場合あります。
※公開レッスンとなります。
※オプションで、レッスンを追加することもできます。
※先生のご都合により合計で4時間のレッスンとなることがあります。

▽オプションについて
1)ウィーン国立音楽大学入試筆記試験対策&ドイツ語レッスン
ウィーン国立音大入試のための筆記対策(練習問題など)。また受験に必要なドイツ語を専門家が伝授いたします。

2)音楽講師のための特別レクチャー
ウィーン古典派の作品指導についてや、バッハの作品指導法など、どの楽器の専門の方たちにも共通する特別講座(講座は、長年ウィーン私立音楽芸術大学での指導経験豊かなバート先生が行う予定です)。

<年末年始のウィーン交響楽団などのコンサートチケット予約と購入>
3)2020年12月31日のウィーン交響楽団シルベスターコンサート(コンツェルトハウス大ホール)
演目:ベートーヴェン第九交響曲 合唱付き
指揮:マンフレート・ホーネック(アメリカ・ピッツバーグ交響楽団音楽監督)
ソリスト:アンドビジョンにお問い合わせください。
※お席によりお値段カテゴリーが6つランクがございます。お早目のお申し込みが、良い席の予約をお約束できます。また満席の場合はご了承ください。
※出演者は予告なく変更となる可能性があります。

4)2021年1月1日シュトラウスフェスティバルオーケストラマティネ(コンツェルトハウス大ホール)
演目:シュトラウスを中心としたものとなります。
※ウィーンフィルのニューイヤーコンサートと同様の雰囲気が味わえるコンサートです。
※ウィーンフィルのニューイヤーコンサートの手配はできませんのでご了承お願いします。
■オーディション■
なし
※先着で各コース8名までの受付順ですのでお早めに!
■講習会会場■
WENDL UND LUNG(ピアノ会社)または先生のスタジオ
■講習会スケジュール■
講習スケジュールは、現地にて配布いたします。詳細は現地にてご確認ください。

<一般的なスケジュール例>
1日目(12月26日):日本発・ウィーン着 車で宿泊先へ
2日目(12月27日):開講式/市内観光(音楽にまつわる場所をご案内します)
3日目(12月28日):講習会(レッスン1回目)
4日目(12月29日):講習会(レッスン2回目)
5日目(12月30日):講習会(レッスン3回目)
6日目(12月31日):クラスコンサート
          ※オプション:ウィーン交響楽団シルベスターコンサート
                 ベートーヴェン第九交響曲 合唱付き
7日目(1月1日):終日フリー
         ※オプション:シュトラウスフェスティバルオーケストラマティネ
         ※元旦は11時から市庁舎広場でウィーンフィルのニューイヤーコンサートが大スクリーンに映し出されるなど。
8日目(1月2日):講習会(レッスン4回目)
9日目(1月3日):修了コンサート/修了証書授与
10日目(1月4日):車で宿泊先から空港へ ウィーン発
11日目(1月5日):日本着
※スケジュールは例となります。レッスンスケジュールは参加人数等により現地の都合で、変更されますので予めご了承ください。
■曲目・曲数■
自由曲。曲数も時間内で自由。
※少なくとも3〜4曲程度はご用意ください。コンサート出演をご希望の方は、必ず5分以内程度の短い曲をご用意ください。
■練習室■
WENDL UND LUNG(ピアノ会社)
※合計15時間の練習室使用が可能です。
※別途料金で時間数を追加することが可能です。
■演奏会の機会■
クラスコンサートと修了コンサートがあります。
※最終日に希望者全員による演奏会が開催されます。演奏会は、一般のウィーン在住のお客様を入れての正式なコンサートとなります。

▼修了コンサート
会場:コンサートホール
日時:2021年1月3日 16時予定
※曲の難度や長さには関わらず、暗譜で演奏可能な曲をご用意ください。
※演奏曲目は教授と打ち合わせ後となりますが、必ず5分以内程度の短い曲もご用意ください。
※簡易なコンサート用の服装をご用意ください。
※コンサートの参加は自由です。希望者は全員が出場できます。
※伴奏コースは、コンサート参加には制約がありますので詳細はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
■宿泊先■
ホテル・ドナウワルツァーなどを予定(1人部屋)。食事付き(朝)
※お友達やご家族とご一緒などの場合、2名部屋のお手配も可能です。詳細はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
※ご希望によりフラットシェアの手配が可能な場合があります。
■宿泊期間■
チェックイン:2020年12月26日
チェックアウト:2021年1月4日
※別途料金で延泊、前泊が可能です。
■日本語通訳・現地サポート■
▽現地サポート
ウィーン現地スタッフによる電話サポート付き
※緊急の場合(病院等)、スタッフによるサポートが可能です。

▽レッスン時の日本語通訳
ピアノ・ピアノ伴奏:日本語通訳付き、または、通訳なしを選択してください。
ヴァイオリン・フルート・ピッコロ・クラリネット・声楽:レッスンおよびコンサート時の日本語通訳兼伴奏付き
※ヴァイオリン・フルート・ピッコロ・クラリネット・声楽をご希望の方で、レッスン時やコンサート時に伴奏・通訳が一切不要の方はアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
※プロの音楽家が通訳と伴奏を行うので音楽用語も不安なく受講可能です。
■空港送迎■
往復空港送迎付き(ウィーン空港)
■教授陣■
▽ピアノ
シュテファン・アーノルド
(オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授、ドイツ・ハンスアイスラー音楽大学教授)

カール・バート
(オーストリア・ウィーン私立音楽芸術大学教授)

▽ピアノ伴奏
カール・バート
(オーストリア・ウィーン私立音楽芸術大学教授)

▽ヴァイオリン
ゲラルド・シューベルト
(オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授、オーストリア・ウィーンフィルハーモニー管弦楽団第二ヴァイオリン首席)

▽フルート/ピッコロ
ギゼラ・マシャエキ=ベア
(オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授、オーストリア・ヨーゼフ・ハイドン音楽院教授)

レナーテ・リノルトナー
(オーストリア・ウィーン国立音楽大学講師、オーストリア・ウィーン・フォルクスオーパー団員)

▽オーボエ
ハラルト・ヘルト
(オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授、オーストリア・ウィーンフィルハーモニー管弦楽団首席)

▽クラリネット
近日公開予定

▽声楽
アデーレ・ハース
(オーストリア・宮廷歌手、オーストリア・ウィーン国立音楽大学元教授)


■受講資格■
特になし
※各コース8名までの申込順となりますのでお早めにお申込ください。
※音楽愛好家のアマチュアから、音高・音大生、音楽教師、プロまで、また子供から大人まで本当にどなたでもご参加いただけます。
※音楽をこれから始める入門者の方は、先生の判断で、その方に適正な先生に変更する場合があります。
■料金■
レッスン時の日本語通訳付き
▼ピアノ・ピアノ伴奏
日本語通訳付き:461,930円

レッスン時の日本語通訳なし
日本語通訳なし:418,110円

レッスン時の日本語通訳および伴奏付き
▼ヴァイオリン・フルート・オーボエ・クラリネット・声楽
伴奏・通訳付き:483,840円

▼オプション料金
▽シュテファン・アーノルド教授追加料金
1回:7,430円

▽ウィーン国立音楽大学入試筆記試験対策&ドイツ語レッスン
受講者1名:39,840円
受講者2名以上:26,560円

▽音楽講師のためのレクチャー
受講者1名:33,890円
受講者2名以上:25,260円

▽年末年始のウィーン交響楽団などのコンサートチケット予約と購入
※席によってお値段が変わりますので詳しくはアンドビジョンカウンセラーにお問い合わせください。


▽ピアノ伴奏コースのパートナー
11,150円

▽声楽コースのレッスン以外の伴奏および伴奏者によるコーチング
13,010円
■料金に含むもの■
登録料、講習会費(受講料、聴講料、コンサート出演参加費、コンサート鑑賞費、修了証明書など)、公共交通機関フリーパス費、アンドビジョンスタッフによる市内観光費、現地宿泊手配費、ホテル宿泊費、食費(朝)、(ピアノで日本語通訳ありを選択した場合またはピアノ以外の方の)日本語通訳費または日本語通訳兼伴奏費、練習室費、空港送迎費、現地滞在中サポートサービス費(電話のみ)、海外国際送金手数料、海外国際送金銀行受取手数料、出発前サポートサービス費、セット割引
■料金に含まないものの一部を明示■
航空運賃、オプション、(ピアノで通訳なしを選択した場合の)日本語通訳費、打ち上げ費、海外旅行傷害保険費、市内移動費、電話代、自由行動中の一切の個人的費用など
■料金・日程補足■
●ピアノ以外の楽器は、伴奏兼通訳が必須となります。伴奏兼通訳が「レッスン時」および「2回のコンサート時」に一切不要の場合は、「ピアノ・ピアノ伴奏」の通訳なしの料金を適用することが可能です
●シュテファン・アーノルド教授は追加料金が必要となります。
●任意に設定した期間でも受講可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
●条件によって一部の項目で、別途、消費税が必要となります。
■申込締切日■
第一次締切:2020年10月25日 第二次締切:2020年11月25日 第三次締切:定員まで
●申込締切日以前でも、定員になり次第締め切らせていただきます。
●申込締切日以降でも、コースに空きがある場合は申込み可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
■航空券・海外旅行障害保険等■
●海外旅行傷害保険は必ずご加入ください。
●格安航空券、海外旅行傷害保険、現地参加ツアー、ホテルなどの宿泊先等は別途手配可能ですのでアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
■注意事項■
※付き添いの方がいる場合は、宿泊費など別途料金が必要となります。付き添いの方の聴講費は、受講者の年齢により料金が変わる事があります。
※未成年の場合、一般的に付き添いが必要となりますがご相談ください。
※先生などが引率するグループの場合は、ご相談ください。
※別途、無料で現地語学学校(提携校)のお手配が可能です。
※別途、プライベートレッスンまたはグループレッスンの手配が可能です。
※楽器の有料貸し出しは、アンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
※上記の他、何でもお気軽にアンドビジョンカウンセラーまでお問合せください。
※この情報は、2020年05月13日現在です。当該年度や現地の都合によって情報が変更しますので、最新の情報はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

海外音楽講習会の参加をアンドビジョンがフルサポート!リストにない講習も対応します。

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター