ボウディン国際夏期講習会

国: アメリカ合衆国 都市: メイン州・ブランズウィック

国際コンクールの入賞者たちもここで腕を磨いた、密度の高い3〜6週間コース。

ジュリアード音楽院やイーストマン音楽院の教授、アメリカ著名楽団のメンバーやソリストらを加えた強力な講師陣が、ピアノ、弦、打楽器そして作曲法を指導する。

アメリカ・メイン州ブランズウィックで、6週間に渡って行われているこの夏期講習会は、ピアニストのエマニュエル・アックスやヴィオラのパウル・ノイバウアーといった著名人が過去に受講して腕を磨いたという、世界的に評価の高いコースです。また、チャイコフスキー国際コンクールやエリザベート王妃国際コンクール、クライスラー国際コンクールなど、有名コンクールの入賞者も多く輩出しています。高校生から音大生、音大卒業生を対象とした、密度の高いコースは全課程で6週間。ただし時間のとれない受講者のために、前半または後半3週間の参加も可能になっています。講師陣は、ジュリアード音楽院やイーストマン音楽院、ピーボディ音楽院、英国王立音楽大学といった一流校の教授や、ニューヨーク・フィル、ミネソタ管弦楽団、ヒューストン交響楽団などのメジャー楽団で活躍する第一線の演奏家の方々。レッスンは、受講生のレベルや目標に合わせて、グループとプライベートレッスンが組み合わせて行なわれます。また、(作曲コースを除いて)必ず室内楽レッスンがあるのも、この講習会の特徴です。受講生による一般公開のコンサートは頻繁に行なわれ、全員に出演の機会があるだけでなく、特に優れた受講生は、講師陣やゲスト演奏家たちが編成するオーケストラに参加するチャンスがあるのも嬉しい点です。講習会期間中は、膨大な楽譜やCDを所蔵する大学図書館や、充実したスポーツ施設を自由に使うことができるほか、州立公園やビーチ、映画、ショッピングなどのミニツアーなども企画されています。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。TEL03-3278-3450

詳細を読む

■国/都市■
アメリカ合衆国 / メイン州・ブランズウィック

■講習会開催期間■
2019年6月22日〜8月3日
第1期:2019年6月22日〜7月13日
第2期:2019年7月13日〜8月3日
■講習会開催科目■
ピアノ、ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、ハープ、打楽器、作曲、室内楽、伴奏法
■レッスン内容■
個人レッスン、マスタークラス、室内楽など
※教授、学生のレベル、人数、専攻によって時間数など変更される場合があります。予めご了承ください。
■オーディション■
事前の書類/映像審査となります。
※講習会初日に、室内楽のグループ編成のための簡単なレベルチェックが行われます。

▼映像審査曲目
▽ピアノ・弦楽器(ハープ含む):任意の対照的な曲2曲
▽打楽器:4曲: (a) 4本のマレットのソロ曲 (b)ティンパニのソロ曲 (c)スネアドラムのソロ曲 (d)マルチ・パーカッションのソロ曲
▽作曲:2曲のオリジナルスコアと音源
▽コラボレーティブ・ピアノ:指定のデュオ・ソナタとコンチェルト
■講習会会場■
ボウディン・カレッジ
■講習会スケジュール■
スケジュールは現地で配布されます。

<一般的なスケジュール例>
1日目:日本発 現地着 空港近くのホテル宿泊(別途費用) 
2日目:車で講習会場へ 講習開始

講習最終日前日:一般的にファイナルコンサート
講習最終日:講習終了 車で空港へ 空港近くのホテル宿泊(別途費用) 
講習最終日翌日:現地発
講習最終日翌々日:日本着
■曲目・曲数■
自由曲
※室内楽の曲目は、事務局側から指定されます。
■練習室■
ピアノ、作曲、ハープやコントラバス専攻の方は共有の練習室を使用します。その他の楽器は、原則として宿泊先で練習となります。
■演奏会の機会■
教授により選抜された受講者の演奏会あり。
作曲は、選抜者の作品が演奏されます。
■宿泊先■
学生寮(ダブル/トリプルルーム)。シャワー、トイレ共有。食事付き(月〜土:朝昼夕、日:ブランチ、夕)
■宿泊期間■
チェックイン:講習開始日
チェックアウト:講習終了日
※前泊・延泊不可
※フライトスケジュールによりますが、1日目および講習終了日は、空港側のホテル(別途費用)に滞在することをお勧めいたします。
旅程の詳細はアンドビジョンカウンセラーまでお問合せください。
■日本語通訳・現地サポート■
▽現地サポート
アンドビジョン現地スタッフによる電話サポート付き(電話のみ)

▽レッスン時の日本語通訳
レッスン時の通訳手配は不可となります。
■空港送迎■
往復空港送迎付き(ポートランド国際ジェットポート)
※指定日時となります。フライトスケジュールなどの詳細はアンドビジョンカウンセラーにご相談下さい。
■教授陣■
<第1期>
▽ピアノ
ピーター・バスキン
(アメリカ・ニューヨーク市立大学ハンターカレッジ元講師)

エリノア・フリーア
(アメリカ・イーストマン音楽学校助教授)

タオ・リン
(アメリカ・リン大学音楽院元助教授)

ジュリアン・マーティン
(アメリカ・ジュリアード音楽院教授)

マッティ・ラエカッリオ
(アメリカ・ジュリアード音楽院教授、ドイツ・ハノーファー音楽大学元教授)

▽ヴァイオリン
デイヴィッド・ボウリン
(アメリカ・オバーリン音楽院准教授)

二宮 綾野
(アメリカ・ニューイングランド音楽院教授)

イツァーク・ラシュコフスキー
(イギリス・英国王立音楽大学教授)

カート・サスマンズハウス
(アメリカ・シンシナティ大学音楽院教授)

アニ・シュナーチ
(アメリカ・英国王立音楽大学教授)

ロビン・スコット
(アメリカ・イン弦楽四重奏団メンバー)

ジャネット・イン
(アメリカ・イーストマン音楽院准教授、アメリカ・イン弦楽四重奏団メンバー)

▽ヴィオラ
シン―ユン・ホアン
(アメリカ・ジュリアード音楽院プレカレッジ教授、アメリカ・カーティス音楽院教授)

ジェフリー・アーバイン
(アメリカ・クリーヴランド音楽大学主任教授)

マスミ・パー・ロスタード
(アメリカ・イーストマン音楽院准教授、アメリカ・パシフィカ弦楽四重奏団メンバー)

フィリップ・イン
(アメリカ・イーストマン音楽院准教授、アメリカ・イン弦楽四重奏団メンバー)

▽チェロ
スティーブン・ドーン
(アメリカ・イーストマン音楽院教授、イギリス・英国王立音楽院客員教授)

アミール・エルダン
(アメリカ・オバーリン音楽院准教授)

アリム・キム
(アメリカ・イーストマン音楽院准教授、アメリカ・ロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団首席)

デヴィット・イン
(アメリカ・イーストマン音楽院准教授、アメリカ・イン弦楽四重奏団メンバー)

ケイコ・イン
(アメリカ・ロバートウェズリアン大学音楽学部元非常勤講師)

ジェフリー・ゼイグラー
(アメリカ・マネス音楽院教授)

▽コントラバス
カート・ムロキ
(アメリカ・インディアナ大学ジェイコブズ音楽院教授

▽ハープ
ジューン・ハン
(アメリカ・エール大学音楽院教授、アメリカ・ジュリアード音楽院プレカレッジ教授)

▽打楽器
ルーク・リンダークネヒト
(アメリカ・打楽器奏者)

▽室内楽
ピーター・バスキン
(アメリカ・ニューヨーク市立大学ハンターカレッジ元講師)

アリム・キム
(アメリカ・イーストマン音楽院准教授、アメリカ・ロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団首席)

▽弦楽四重奏
イン弦楽四重奏団

▽作曲
デレク・バーメル
(アメリカ・作曲家)

<第2期>
▽ピアノ
ラン・ダンク
(アメリカ・シンシナティ大学音楽院 助教授)

ソヨン ・ケイト・リー
(アメリカ・シンシナティ大学音楽院助教授)

タオ・リン
(アメリカ・リン大学音楽院元助教授)

ヨン ヒ・ムン
(アメリカ・ピーボディ音楽院主任教授)

リサ・スティパノヴァ
(アメリカ・ジョージア大学ヒュー・ハッジソン音楽学校 助教授)

▽ヴァイオリン
メグ・フライフォーゲル
(アメリカ・イリノイ大学アーバナ-シャンペーン校助教授、アメリカ・ジュピター弦楽四重奏団メンバー)

ルネ・ジョルス
(アメリカ・イーストマン音楽院教授、アメリカ・ジュリアード音楽院プレカレッジ元教授、アメリカ・マネス音楽院元教授)

ミハイル・コペルマン
(アメリカ・イーストマン音楽院教授)

ネルソン・リー
(アメリカ・イリノイ大学アーバナ-シャンペーン校助教授、アメリカ・ジュピター弦楽四重奏団メンバー)

セルジュ・シュワルツ
(アメリカ・コロンバス州立大学シュオブ音楽学校教授)

ロビン・スコット
(アメリカ・イン弦楽四重奏団メンバー)

ジャネット・スン
(アメリカ・デポール大学音楽学部准教授)

アルミータ・ヴェイモス
(アメリカ・ルーズベルト大学シカゴ校パフォーミングアーツ学校音楽院教授)

イタマール・ゾルマン
(アメリカ・ヴァイオリニスト)

▽ヴィオラ
カーステン・ドクター
(アメリカ・オバーリン音楽院准教授)

リズ・フライフォーゲル
(アメリカ・イリノイ大学アーバナ-シャンペーン校助教授、アメリカ・ジュピター弦楽四重奏団メンバー)

ディミトリー・ムラト
(アメリカ・ニューイングランド音楽院元教授、アメリカ・ロンジー音楽院元教授)

ローランド・ヴェイモス
(アメリカ・ ルーズベルト大学シカゴ校パフォーミングアーツ学校音楽院教授)

フィリップ・イン
(アメリカ・イーストマン音楽院准教授、アメリカ・イン弦楽四重奏団メンバー)

▽チェロ
エドワード・アロン
(アメリカ・マサチューセッツ大学アマースト校音楽学部助教授)

デニース・ジョキック
(アメリカ・チェリスト)

ポール・カッツ
(アメリカ・ニューイングランド音楽院教授)

アリム・キム
(アメリカ・イーストマン音楽院准教授、アメリカ・ロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団首席)

ダニエル・マクドノウ
(アメリカ・イリノイ大学アーバナ-シャンペーン校助教授、アメリカ・ジュピター弦楽四重奏団メンバー)

デヴィット・イン
(アメリカ・イーストマン音楽院准教授、アメリカ・イン弦楽四重奏団メンバー)

▽コントラバス
カート・ムロキ
(アメリカ・インディアナ大学ジェイコブズ音楽院教授

▽ハープ
ジューン・ハン
(アメリカ・エール大学音楽院教授、アメリカ・ジュリアード音楽院プレカレッジ教授)

▽打楽器
ルーク・リンダークネヒト
(アメリカ・打楽器奏者)

▽室内楽
デニース・ジョキック
(アメリカ・チェリスト)

アリム・キム
(アメリカ・イーストマン音楽院准教授、アメリカ・ロチェスター・フィルハーモニー管弦楽団首席)

リサ・スティパノヴァ
(アメリカ・ジョージア大学ヒュー・ハッジソン音楽学校 助教授)

ローランド・ヴェイモス
(アメリカ・ ルーズベルト大学シカゴ校パフォーミングアーツ学校音楽院教授)

▽弦楽四重奏
ジュピター弦楽四重奏団

▽作曲
デレク・バーメル
(アメリカ・作曲家)

<ゲストアーティスト>
スティーブン・マッキー:作曲
(アメリカ・プリンストン大学音楽学部教授)

メリンダ・ワグナー:作曲
(アメリカ・ジュリアード音楽院教授)

モニカ・エリス:ファゴット
(アメリカ・ファゴット奏者)

ジョン・マナス:クラリネット
(アメリカ・ジュリアード音楽院教授、アメリカ・イーストマン音楽院准教授)


■受講資格■
13歳以上
※13歳以下で付き添いがいる場合はご参加可能です。詳細はアンドビジョンカウンセラーまでお問合せください。
■料金■
▽全期間(6週間)
ピアノ:1,294,900円
ピアノ以外:1,234,200円

▽1期間(3週間)
ピアノ:796,900円
ピアノ以外:766,550円
■料金に含むもの■
登録料、講習会費(受講料、聴講料、練習室、必要な場合の伴奏費、選抜者コンサート出演参加費、コンサート鑑賞費、実費を除くアクティビティ参加費など)、施設利用料、セキュリティーデポジット、ピアノ搬入および調律費、現地宿泊手配費、学生寮宿泊費(2〜3人部屋)、食費(月-土:朝・昼・夕、日:ブランチ:夕)、空港送迎費、現地滞在中サポートサービス費(電話のみ)、海外国際送金手数料、海外国際送金銀行受取手数料、出発前サポートサービス費、セット割引
■料金に含まないものの一部を明示■
航空運賃、日本語通訳費、海外旅行傷害保険費、市内移動費、電話代、自由行動中の一切の個人的費用など
■料金・日程補足■
●このコースは、オーディション費/申込金39,000円(費用の一部)となり、オーディションが不合格の場合でもオーディション費/申込金39,000円は返金されません。
●任意に設定した期間でも受講可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
●条件によって一部の項目で、別途、消費税が必要となります。
■申込締切日■
第一次締切:2019年11月20日 第二次締切:2019年12月20日 第三次締切:定員まで
●申込締切日以前でも、定員になり次第締め切らせていただきます。
●申込締切日以降でも、コースに空きがある場合は申込み可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
■航空券・海外旅行障害保険等■
●海外旅行傷害保険は必ずご加入ください。
●格安航空券、海外旅行傷害保険、現地参加ツアー、ホテルなどの宿泊先等は別途手配可能ですのでアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
■注意事項■
※付き添いの方がいる場合は、宿泊費など別途料金が必要となります。付き添いの方の聴講費は、受講者の年齢により料金が変わる事があります。
※未成年の場合、一般的に付き添いが必要となりますがご相談ください。
※先生などが引率するグループの場合は、ご相談ください。
※別途、無料で現地語学学校(提携校)のお手配が可能です。
※別途、プライベートレッスンまたはグループレッスンの手配が可能です。
※楽器の有料貸し出しは、アンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
※上記の他、何でもお気軽にアンドビジョンカウンセラーまでお問合せください。
※この情報は、2018年10月26日現在です。当該年度や現地の都合によって情報が変更しますので、最新の情報はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。TEL03-3278-3450
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

海外音楽講習会の参加をアンドビジョンがフルサポート!リストにない講習も対応します。

平日 10:00-20:00 土曜 10:00-15:00 祝日 10:00-15:00(3~7月)

03-3278-3450

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター