ウィーン国立音楽大学夏期講習

国: オーストリア共和国 都市: ウィーン・ウィーン

ウィーン国立音楽大学が主催する、1週間の音楽の本場ウィーンでの夏期講習会。

著名なウィーン国立音楽大学教授陣が、ウィーン国立音楽大学で直接指導する夏の講習会。アジアの留学生を対象とした特別な夏期講習会です。ウィーン市街地観光ガイドツアー付き!

毎夏開催されている、ウィーン国立音楽大学が主催するインターナショナルサマーアカデミーISAが、ウィーンにあるウィーン国立音楽大学内で今年はじめて夏期講習を開催します。「ウィーンの伝統」をテーマに企画されたこの講習は、1週間の集中プログラム。先生はもちろん、ウィーン国立音楽大学の教授陣です。専攻楽器とそれぞれの担当教授は、ヴァイオリン(ドラ・シュヴァルツベルク教授)、ヴィオラ(ヴォルフガング・クロース教授)、チェロ(シュテファン・クロプフィッチュ教授)、フルート(バーバラ・ギーズラー・ハーゼ教授)、オーボエ(クラウス・リーンバッハー教授)、クラリネット(ヨハン・ヒンドラー教授)、ホルン(ヴィリバルト・ヤノシュツ教授)、ファゴット(ゴットフリート・ヨハン・ポコニー教授)、ピアノ(ヤン・ゴットリープ・イラチェック教授)、声楽(ガブリエーレ・フォンターナ教授)。選抜者によるウィーン国立大学でのコンサートの他、希望者でかつ選抜者は、シェーンブルン宮殿宮廷劇場のコンサートで、伴奏者付きまたはオーケストラ付きのコンサートの出場権が与えられます。(シェーンブルン宮殿宮廷劇場のコンサート出演は別途料金が必要です。)近年、中国や韓国、台湾などアジア各国出身の音楽家の活躍が世界でも目立ちますが、そんな彼らと肩を並べて、クラシック音楽の本場ウィーンで学べるチャンスです。ウィーン国立音大への留学を考えている人にとっては、下見を兼ねて訪れるのに最適。プログラムには、ウィーン楽友教会やオペラ座、シェーンブルン宮殿など、音楽に縁のあるウィーン市街地の観光名所をまわるガイドツアーも付いています。歴史に名の残る作曲家の足跡を追いかけることはきっと、自分はどのような音楽家になりたいのか、それにはさらに何を勉強しなければならないのか、自らの目標や夢、将来のビジョンをより具体的に描く良いきっかけになるでしょう。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。TEL03-3278-3450

詳細を読む

■国/都市■
オーストリア共和国 / ウィーン・ウィーン

■講習会開催期間■
2013年8月3日~8月10日

※2014年は開催されません。
■講習会開催科目■
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、フルート、オーボエ、クラリネット、ホルン、ファゴット、ピアノ、声楽
■レッスン回数■
一般的に3回程度のレッスン
*教授、学生のレベル、人数、専攻によって時間数など変更することがあります。
*室内楽などのワークショップがあります。
■オーディション■
事前の書類と、CDやyoutubeでの音源審査あり。
■講習会会場(2013年)■
ウィーン国立音楽大学
■講習会スケジュール■
講習会初日に教授によって決定。
ウィーン学友教会や、歌劇場などへのツアーも予定されています。

<一般的なスケジュール例>
1日目:日本発 ウィーン着 車で宿泊先へ。
2日目:講習会開始

7日目:受講者コンサート
8日目:受講者による終了コンサート(シェーンブルン宮殿宮廷劇場)
9日目:現地発 車で空港へ
10日目:日本着
■曲目・曲数(2013年)■
自由曲
*ウィーン古典派、ウィーン新古典主義作曲家の作品が含まれているとよい。
*シェーンブルン宮殿宮廷劇場のコンサートに出演する場合、コンチェルトはモーツァルトおよびハイドンの作品に限ります。
また、ピアノ伴奏で出演される場合はウィーン古典派の作品をご用意ください。
■練習室■
ウィーン国立音楽大学の練習室をご利用頂けます。
■演奏会の機会■
教授により選抜された受講者のコンサートあり。
*大学でのコンサートと、シェーンブルン宮殿宮廷劇場でのコンサートがあります。
*シェーンブルン宮殿宮廷劇場のコンサート出演には別途料金が必要です。伴奏者付きの場合とオーケストラ付きの場合で料金が異なります。ただし、選抜されない場合は返金されます。ピアノについてはソロ出演も可能です。詳細は、アンドビジョンカウンセラーまでお問合せください。
■宿泊先■
学校近くの四つ星ホテル(シングルルーム/ダブルルーム)。朝食付き。
*大学の学食で、昼食と夕食が付いています。
■宿泊期間■
チェックイン:講習会開始日の前日
チェックアウト:講習会終了日
■日本語通訳・現地サポート■
◇現地サポート
ウィーン現地スタッフによる電話サポートあり(電話のみ)

◇レッスンの日本語通訳
レッスンの通訳手配別途可能です。
■空港送迎■
往復空港送迎込み(ウィーン空港)
*時間指定があります。別途料金で、お客様のフライトに合わせた空港送迎を手配することも可能です。
■受講資格■
事前の書類と、CDやyoutubeでの音源審査あり。音高・音大生または同等以上を想定しています。
■教授陣(2013年)■
◇ヴァイオリン
ドーラ・シュヴァルツベルク
(オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授、イタリア・ピネロロ音楽アカデミー教授)

◇ヴィオラ
トーマス・ゼルディッツ
(オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授)

◇チェロ
シュテファン・クロプフィッチュ
(オーストリア・ウィーン国立音楽大学教授)

◇フルート
バーバラ・ギーズラー=ハーゼ
(オーストリア・国立音楽大学教授)

◇オーボエ
クラウス・リーンバッハー
(オーストリア・国立音楽大学教授)

◇クラリネット
シュテファン・ノイバウアー
(オーストリア・国立音楽大学講師、オーストリア・ウィーン国立歌劇場舞台上オーケストラ)

◇ホルン
ヴィリバルト・ヤノシュツ
(オーストリア・国立音楽大学教授)

◇ファゴット
ゴットフリード・ポコルニー
(オーストリア・国立音楽大学教授)

◇ピアノ
ヤン・ゴットリープ・イラチェック
(オーストリア・ウィーン国立音楽大学)

◇声楽
ガブリエル・フォンターナ
(オーストリア・ウィーン国立音楽大学)

*2013年1月20日現在。教授陣は予告なく変更されることがあります。
■料金(2013年)■
ホテルシングルルームの場合:494,000円
ホテルダブルルームの場合:464,000円

特報:5月16日
アンドビジョンのお客様で合格者の方全員に対して、講習会から5万円の奨学金が授与されることになりました。5万円を引いた金額がご請求金額となります。


■料金に含むもの■
登録料、講習費(受講料、室内楽ワークショップ、聴講費、練習室費、伴奏費、選抜された場合のコンサート参加費、コンサート鑑賞費、市内観光など)、宿泊手配料、ホテル宿泊費(シングルルーム)、食費(朝昼夜)、往復空港送迎費、海外国際送金手数料、海外国際送金銀行受取手数料、出発前サポートサービス費、現地滞在中サポートサービス費(電話のみ)
■料金に含まないものの一部を明示■
航空運賃、シェーンブルン宮殿宮廷劇場でのコンサート出演費、楽器レンタル費、日本語通訳費、海外旅行傷害保険費、市内移動費、電話代、自由行動中の一切の個人的費用など

■補足■
●格安航空券、海外旅行傷害保険等は別途手配可能ですのでお問い合わせください。

■備考■
(1)オーディションの不合格の場合は、申込金35,000円の返金はありません。
(2)お申し込み後、参加できるワークショップをご案内します。
(3)海外旅行傷害保険は必ずご加入ください。

■申込締め切り日■
2013年5月26
*申込締め切り日以前でも、定員になり次第締め切らせていただきます。
*申込締め切り後でも、コースに空きがある場合は申込み可能な場合がありますのでお問い合わせください。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。TEL03-3278-3450
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?
この条件で: or or or

海外音楽講習会の参加をアンドビジョンがフルサポート!リストにない講習も対応します。

平日 10:00-20:00 土曜 10:00-15:00 祝日 10:00-15:00(3~7月)

03-3278-3450

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター