パブロ・カザルス国際音楽アカデミー

国: フランス共和国 都市: ラングドック=ルシヨン地域圏・プラード

カザルスが亡命した町で、ソロ演奏と室内楽のインスピレーションを受けよう。

フランス・プラドで、パブロ・カザルス音楽祭の期間中に開かれる、少人数制の弦・管・ピアノマスタークラスと室内楽の講座。音楽高校、音楽大学レベルが対象です。

パブロ・カザルスがスペイン内戦時に亡命していたフランスの町、プラドで開かれる、上級者のための講習会です。フランス最高ランクに位置する音楽学校、パリ国立高等音楽院やフランスの各地方音楽院の教授たちを中心に、毎年異なりますが、ドイツ、オーストリアやスイス、アメリカ、イギリスなどヨーロッパ・アメリカ各地の一流音大・音楽院教授たちが結集した、強力な顔ぶれの講師陣が特長です。レッスンはマスタークラス形式で、約2週間に渡ります。1クラスの定員は最大8名。少人数のクラスで、ひとりひとりキメ細かく豊富に指導してもらえるのがうれしい点です。また、世界トップクラスの教授や受講生たちと親しくなれる、絶好のチャンスともいえるでしょう。期間中に6〜7回程度の直接指導が受けられるほか、他のクラスの聴講も自由です。こうしたソロ演奏の指導に加え、室内楽に力を入れているのもこの講習会の大きな特長です。弦楽三重奏や四重奏、ピアノ三重奏や四重奏、そして管楽アンサンブルの、グループでの参加が歓迎されているだけでなく、マスタークラスに個人で参加した受講生も、現地で組んだアンサンブルに入って(追加料金なしで)レッスンを受けることができます。事前の書類審査後、現地でレベルチェックのオーディションがありますが、きちんと準備していけば、書類審査を通過した技術レベルならば、まず通過できると考えてよいでしょう。講習会の後半では受講生による室内楽のコンサートが8〜9回も予定されているので、パフォーマンスの機会もたっぷり。国際コンクールに出場予定の受講生は、コンクールでの曲目を弾けるように配慮してもらえます。期間中はカザルス音楽祭で盛り上がるプラドの町。受講生はコンサートに無料で入場できます。1コースあたり少人数ですのでかなり早い段階で定員に達します。もしご希望の方は、早めのお申込をおすすめいたします。ヨーロッパの雰囲気の中、忙しくそして、音楽漬けになれる講習としても非常にお勧めです。

電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500

詳細を読む

■国/都市■
フランス共和国 / ラングドック=ルシヨン地域圏・プラード

■講習会開催期間■
2019年8月1日〜8月14日
■講習会開催科目■
ヴァイオリン、ヴィオラ、チェロ、コントラバス、フルート、オーボエ、クラリネット、ファゴット、ホルン、ピアノ、室内楽
■レッスン回数■
一般的にプライベートレッスンが6〜7回程度予定あります。また、希望者は室内楽レッスンもあります。
※教授、学生のレベル、人数、専攻によってレッスン数など変更される場合があります。
※曲目や楽器によって、室内楽グループが組めない場合がありますので予めご了承ください。
※専攻によって複数の先生となる場合があります。
※ヴィオラ、チェロ、クラリネットの方は、参加者のみに開催されるコンクールにご参加可能です。詳細は、アンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
■オーディション■
事前の書類審査となります。
※ご希望の教授によって、動画審査になる場合がございます。
※なお、現地にて講習初日の午前中に全員が室内楽編成を含めたオーディションがあります。コンチェルトやソナタをご用意ください。一般的に、書類選考で受講は確定されますが、受講生の準備状態によって聴講となる場合がありますので十分な準備をお願いします。
■講習会会場■
プラド
■講習会スケジュール■
講習スケジュールは現地にて確定します。詳細は現地にてご確認ください。

<一般的なスケジュール例>
1日目:日本発 パリ着 車でパリ市内の宿泊先へ パリ泊(別途宿泊料金)
2日目:ホテルからパリTGV駅へ(アンドビジョン現地スタッフがご滞在のホテル等から駅までお連れします)
    講習開催地側のTGV駅下車。車で講習会事務局へ
    事務局にて登録
3日目:講習開始 オーディション レッスン開始

12日目:選抜者室内楽コンサート
13日目:選抜者室内楽コンサート
14日目:選抜者室内楽コンサート
15日目:選抜者室内楽コンサート 
16日目:講習終了 朝食後現地発 TGV駅へ パリ着(通常パリ泊:別途宿泊料金)
17日目:パリ発
18日目:日本着
■曲目・曲数■
自由曲
■練習室■
練習室あり
■演奏会の機会■
選抜された受講者によるファイナルコンサートがあります。また、期間中室内楽コンサートが多数行われます。
■宿泊先■
学生寮(4人部屋)。食事付き(朝・昼・夕)
■宿泊期間■
チェックイン:講習開始日の前日
チェックアウト:講習終了日
※前泊・延泊不可
※フライトスケジュールによりますが、1日目および16日目はパリに滞在することをお勧めいたします。旅程の詳細については、アンドビジョンカウンセラーにご相談ください。
※別途、パリでのホテルの手配が可能です。1週間またはそれ以上パリにご滞在の方は、練習可能なホームステイの手配が可能です。
■日本語通訳・現地サポート■
▽現地サポート
・アンドビジョン現地スタッフによる電話サポート(電話のみ)。
・アンドビジョン現地スタッフが、お客様の宿泊先までお迎えに行き、TGV電車乗り場までご案内いたします。
(通常、公共交通機関を使用しますが、ご家族で行かれる方は実費でホテルから駅までタクシーを手配することが可能です)。
・別途料金で、TGVのチケットも手配いたします。
・別途料金で、パリでのコンサートチケットの手配も可能です。ご希望の方はお問い合わせください。

▽レッスン時の日本語通訳
レッスン通訳は数名のみ手配可能な場合があります。ご希望の方は、アンドビジョンカウンセラーにお問い合わせください。
■空港送迎■
往路空港送迎付き(パリ・シャルル・ド・ゴール空港からパリ市内ホテル)
※別途料金で、パリ市内からパリ・シャルル・ド・ゴール空港への復路空港送迎のお手配が可能です。
※フライトスケジュールによりますが、一般的に、2日目にTGVにてパリから講習会場側のプラド駅まで電車で移動していただきます。旅程の詳細については、アンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
※プラド駅から講習会会場までシャトルバスによる往復送迎があります(時間指定あり)。
※最寄り空港はプラド空港となりますが、プラド空港からの送迎手配はできません。
■教授陣■
▽ヴァイオリン
ペク・ジュヤン
(韓国・ソウル国立大学音楽学部教授)

ボリス・ガルリツキー
(ドイツ・フォルクヴァング芸術大学教授、フランス・パリ国立高等音楽院元教授、ドイツ・ハンブルク音楽大学元教授)

フィリップ・グラファン
(フランス・パリ国立高等音楽院教授、ベルギー・ブリュッセル王立音楽院教授、オランダ・ハーグ王立音楽院教授)

ウルフ・ヴァーリン
(ドイツ・ハンスアイスラー音楽大学教授)

▽ヴィオラ
ロベルト・ディアス
(アメリカ・カーティス音楽院教授/校長)

ユヴァル・ゴットリボヴィッチ
(スイス・スヴィッツェラ・イタリアーナ音楽院教授、スペイン・カタルーニャ高等音楽院教授、ドイツ・フランクフルト音楽大学講師、スペイン・アルフォンソ10世賢王大学元教授)

ブルーノ・パスキエ
(フランス・エコールノルマル音楽院教授、フランス・パリ国立高等音楽院名誉教授)

▽チェロ
パトリック デメンガ
(スイス・ローザンヌ高等音楽院教授)

エミール・ロフナー
(ドイツ・ドレスデン・カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学教授)

フランソワ・サルク
(スイス・ローザンヌ高等音楽院教授、フランス・パリ国立高等音楽院アシスタント教授)

トルレイフ・テデーン
(ノルウェー・ノルウェー国立音楽大学教授、イギリス・英国王立音楽大学客員教授)

▽コントラバス
ユーレック・デュバール 
(オーストリア・ウィーンフィルハーモニー管弦楽団団員、ポーランド・シンフォニエッタ・クラコヴィア管弦楽団指揮者、ドイツ・ドレスデン・カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学元教授)

▽フルート
パトリック・ガロワ
(フランス・オルネー・スー・ボア音楽院元教授、フランス・国立管弦楽団元首席)

▽オーボエ
ジャン=ルイ・カペツァリ
(フランス・リヨン国立高等音楽院教授、スイス・ローザンヌ高等音楽院教授)

▽クラリネット
ミシェル・ルチエック
(フランス・ニース地方音楽院教授、フランス・パリ国立高等音楽院元教授)

イサーク・ロドリゲス
(スペイン・リセウ高等音楽院教授)

▽ファゴット
カルロ・コロンボ
(フランス・リヨン国立高等音楽院教授、スイス・ ローザンヌ音楽院教授、フランス・リヨン国立歌劇場管弦楽団首席)

▽ホルン
アンドレ・カザレ 
(フランス・パリ管弦楽団首席、フランス・パリ国立高等音楽院教授)

▽ピアノ
ジルケ・アヴェンハウス
(ドイツ・ミュンヘン音楽大学教授)

イヴ・アンリ
(フランス・パリ国立高等音楽院教授、フランス・パリ地方音楽院教授)

フローリアン・ウーリヒ
(ドイツ・ドレスデン・カール・マリア・フォン・ウェーバー音楽大学教授)

▽室内楽
メタ・フォー弦楽四重奏団
上海クァルテット


■受講資格■
特になし
※各教授陣に対して定員は8名のみとなります。申込順に募集定員8名に達した時点で、そのコースは募集を打ち切ります。早い段階で定員となりますので、お早めにお申し込みをお勧めいたします。
■料金■
339,390円
■料金に含むもの■
講習会費(受講料、聴講料、練習室、必要な場合の伴奏費、選抜者コンサート出演参加費、コンサート鑑賞費、修了証明書など)、現地宿泊手配費、学生寮宿泊費(4人部屋)、食費(朝・昼・夕)、空港送迎費、現地滞在中サポートサービス費(電話のみ)、パリ市内のホテルからパリTGV駅電車乗り場までのお迎えと案内(公共交通機関使用)、海外国際送金手数料、海外国際送金銀行受取手数料、出発前サポートサービス費、セット割引
■料金に含まないものの一部を明示■
航空運賃、パリ市内宿泊費、日本語通訳費、復路空港送迎費、海外旅行傷害保険費、市内・市外移動費、電話代、自由行動中の一切の個人的費用など
■料金・日程補足■
●このコースは、オーディション費/申込金39,000円(費用の一部)となり、オーディションが不合格の場合でもオーディション費/申込金39,000円は返金されません。
●任意に設定した期間でも受講可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
●条件によって一部の項目で、別途、消費税が必要となります。
■申込締切日■
各教授陣毎に募集定員8名に達した時点で、その教授のコースは募集終了となります。例年かなり早い段階で各教授の定員となります。詳細はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
●申込締切日以降でも、コースに空きがある場合は申込み可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
●申込締切日以前でも、定員になり次第締め切らせていただきます。
●申込締切日以降でも、コースに空きがある場合は申込み可能な場合がありますのでアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
■航空券・海外旅行障害保険等■
●海外旅行傷害保険は必ずご加入ください。
●格安航空券、海外旅行傷害保険、現地参加ツアー、ホテルなどの宿泊先等は別途手配可能ですのでアンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
■注意事項■
※付き添いの方がいる場合は、宿泊費など別途料金が必要となります。付き添いの方の聴講費は、受講者の年齢により料金が変わる事があります。
※未成年の場合、一般的に付き添いが必要となりますがご相談ください。
※先生などが引率するグループの場合は、ご相談ください。
※別途、無料で現地語学学校(提携校)のお手配が可能です。
※別途、プライベートレッスンまたはグループレッスンの手配が可能です。
※楽器の有料貸し出しは、アンドビジョンカウンセラーまでご相談ください。
※上記の他、何でもお気軽にアンドビジョンカウンセラーまでお問合せください。
※この情報は、2019年01月11日現在です。当該年度や現地の都合によって情報が変更しますので、最新の情報はアンドビジョンカウンセラーまでお問い合わせください。
電話での資料請求、カウンセリングも可能です。まずはお気軽にお問い合わせ下さい。
TEL03-5577-4500
レビュー・体験談を投稿する
お名前
コメントタイトル
コメント
さらに探してみますか?

海外音楽講習会の参加をアンドビジョンがフルサポート!リストにない講習も対応します。

月~金 10:00~19:30 土日 10:00~16:00
休日 祝日(土日は営業しています)

03-5577-4500

info@andvision.net

Join Us On

アンドビジョンからのニュースレター